Amazon、日本での売上高が2兆円を突破

2021年3月3日 08:22

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

2020年のAmazonの日本における売上高は204億6100万ドル(約2兆1714億円)であったことが分かった。同社が米証券取引委員会に提出した年次報告書から判明したという(流通ニュースネットショップ担当者フォーラム)。

日本事業の売上高は通販による直販のほか、第三者による販売手数料、定期購入サービス、AWSなどが含まれている。2019年の日本での売上高は160億200万ドルで前年比にすると27.8%増となっている。その前年となる2018年では138億2900万ドルであることから、ハイペースで伸びていることが分かる。

欧州のドイツでは前年比32.9%増の295億6500万ドル、英国は前年比51.1%増で264億8300万ドルというさらに高い伸び率となっているそうだ。このあたりの伸びはコロナ禍における巣ごもり需要が影響している可能性がある。 

スラドのコメントを読む | ビジネス | お金

 関連ストーリー:
特殊詐欺対策で転売電子ギフト券が無効化、購入後に使用不能に。救済もなし 2020年12月10日
中国アリババの物流「菜鳥網絡」が日本参入の持つ意味 2020年11月16日
アマゾンで購入した中国製バッテリーが原因で火災。アマゾンが審査を怠ったためとして提訴へ 2020年10月27日
「アマゾン転売屋ブラックリスト」ツールがTwitterでトレンド入り 2020年09月25日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードAmazon

関連記事

広告