今日の為替市場ポイント:米国株安を意識してドルはもみ合う可能性

2021年2月26日 08:44

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*08:44JST 今日の為替市場ポイント:米国株安を意識してドルはもみ合う可能性
25日のドル・円は、東京市場では105円85銭から106円14銭まで反発。欧米市場では、106円00銭から106円40銭まで上昇し、106円24銭で取引終了。本日26日のドル・円は主に106円台で推移か。米長期金利は上昇したが、米国株安を意識してドルはもみ合う可能性がある。

25日のニューヨーク市場で米10年債利回りは一時1.60%近辺まで上昇した。雇用関連指標の改善が意識されたが、複数の米地区連銀総裁が長期金利の上昇を問題視していない発言に及んだことが利回り上昇の要因となったようだ。報道によると、ニューヨーク連銀のウィリアムズ総裁は「今年のGDP伸び率は数十年ぶりの力強さになる可能性がある」と指摘したが、「基調的インフレ圧力はしばらくの間は抑制され続けると思う」との見方を示した。また、米アトランタ連銀のボスティック総裁は記者団の質問に対して「米国債利回りが上昇しているが、それについては懸念していない」と答えたようだ。

市場関係者の間からは「米金融当局が長期金利の上昇を容認している理由については、いくつか考えられるが、増税の可能性が高まっていることは否定できない」との声が聞かれている。長期金利の大幅な上昇によって政府債務の持続可能性への懸念は高まることから、増税などについて米財務省の行動が注目されることになりそうだ。《FA》

関連記事

広告