ミュラー オブ ヨシオクボ 21年春夏コレクション - “特別な毎日”を送る秘訣

2021年2月25日 08:31

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 ミュラー オブ ヨシオクボ(muller of yoshiokubo) 21年春夏コレクションが発表された。

■“Utility chic”がテーマ

 “Utility chic”と名付けれられた今季のコレクションは、その単語が持つ意味の通り、日常にとけこむ実用性を備えながら、エレガントな表情に仕上げているのが特徴。首元にさり気なく取り入れたチャイニーズディテール、角度によって絶妙な光沢を放つカラー、こだわりのファブリック…。そんないつもより‟ひと手間”加えたアプローチによって、纏うたびに気分をぐんとUPさせてくれる、特別な洋服たちで溢れている。

■全体に漂うリラクシングなムード

 レースやフリルなど、フェミニンな要素をバランスよく取り入れながら、今季はどこか肩の力を抜いたような、リラクシングなムードで満ちているようだ。繊細なフリルを一面にあしらったキャミソール×スカートのコーデは、モデルの体躯を強調しすぎない、ややゆったりとしたシルエットで。また胸元にギャザーを寄せたキャメルカラーのセットアップは、光沢感のある上品な表情ながら、ふんわりとしたパフスリーブが程よい抜け感をもたらしている。

■カラーパレット

 カラーは、ベージュやブラック、アイボリーといったベーシックなパレットに、春夏らしいレッド、グリーン、ブルーなど鮮やかな色彩をコンビネーション。“彫刻”にインスピレーションを得たというグラフィカルなパターンは、シャツやスカートに登場し、コレクション全体に軽やかなリズムをもたらしている。またルックの中では、スカートの中心に大きくプリーツを配したことで、その複雑なパターンの動きを、よりダイナミックに見せているのが印象的だ。

■人気のスイムウェアも

 毎年人気を集めるスイムウェアの新作も見逃せない。単色で染め上げたシンプルなバンドゥビキニは、彫刻的なモチーフをセンターに配したことで、胸元を自然にキュッと引き締めてくれるモダンな仕上がり。ビーチシーンではもちろんのこと、ワンピースやジャケットの下にレイヤードした、シティライクなコーディネートも楽しめそうだ。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードミュラー オブ ヨシオクボ(muller of yoshiokubo)2021年春夏コレクション

関連記事

広告