トゥエンティーフォーセブンはワクチン効果や繁忙期など材料視され戻り高値に進む

2021年2月24日 10:51

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■決算発表を境に出直りを強める相場に転換

 トゥエンティーフォーセブン<7074>(東マ)は2月24日、時間とともに上げ幅を広げ、10時20分にかけて16%高の1374円(194円高)まで上げて戻り高値に進んだ。

 パーソナルトレーニングジムの運営が主軸で、1月14日の11月決算発表を境に出直りを強める相場に転換している。24日は、ファイザーの新型コロナワクチンについて、「入院・死亡7割減、1回の接種で、英政府」(日本経済新聞2月24日付朝刊)などと伝えられ、材料視されたとの見方が出ている。

 4月から5月にかけて繁忙期。「24/7Workout(トゥエンティーフォーセブン・ワークアウト)」のホームページでは、「辛いトレーニングではありません」「1日2食の方は3食に増やしていただきます」などのキャッチコピーとともに概要を説明している。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
エフティグループは調整一巡、20年3月期営業増益予想で3Q累計順調(2020/02/18)
【特集】約1カ月ぶりに再開されるIPOの類似関連銘柄に注目(2020/01/27)
【特集】意外な業績好調銘柄とコロナウイルス関連に上乗せの花粉症関連銘柄をマーク(2020/01/27)
【CSR(企業の社会的責任)関連銘柄特集】イワキのCSRは「小さな社会貢献活動」として地道に継続(2020/02/04)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告