米12月S&P20都市住宅価格指数、伸びは7年ぶり最大、ドル堅調

2021年2月23日 23:25

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*23:25JST 米12月S&P20都市住宅価格指数、伸びは7年ぶり最大、ドル堅調

米連邦住宅金融局(FHFA)が発表した住宅価格指数は前月比+1.1%となった。伸びは予想外に11月+1.0%から拡大した。同時刻に発表された米12月S&PコアロジックCS20都市住宅価格指数は前年比+10.10%となった。伸びは11月+9.2%から拡大し2014年4月以降ほぼ7年ぶり最大となった。パンデミックの影響を受けた住宅の需要は強く、引き続き米国経済の成長を支援している。

10年債利回りは1.36%から1.38%まで上昇。ドル・円は105円30銭から105円43銭まで上昇後、105円37銭で高止まり。ユーロ・ドルは1.2140ドルから1.2150ドルへ強含んだ。

【経済指標】
・米・12月FHFA住宅価格指数:前月比+1.1%(予想:+1.0%、11月:+1.0%)
・米・12月S&PコアロジックCS20都市住宅価格指数:前年比+10.10%(予想:+9.90%、11月:+9.2%←+9.08%)《KY》

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • ルノー・トゥインゴ バイブス(画像: ルノー・ジャポン発表資料より)
  • マクラーレン・アルトゥーラ(画像: マクラーレン・オートモーティブ発表資料より)
  • 新型「アウトランダー」(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • トヨタの燃料電池大型商用トラックの新型プロトタイプ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • (c) 123rf
  • マツダ・フレアクロスオーバー「HYBRID XT SPECIAL」(画像: マツダ発表資料より)
  • Photo:GAZOO Racing 86/ BRZ Race
 

広告

ピックアップ 注目ニュース