東京為替:1ドル105円60銭台、Fリテなど12社がウイグル関連で取引に影響か

2021年2月22日 14:53

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*14:53JST 東京為替:1ドル105円60銭台、Fリテなど12社がウイグル関連で取引に影響か
午後の東京外為市場でドル・円は1ドル=105円60銭台で推移。中国のウイグル問題に関連して、日本企業12社の取引に影響が出る可能性があるもようとブルームバーグが報じている。ファーストリテイリング<9983>やソニー<6758>、日立<6501>などが含まれるもようだ。

一方、東京株式市場は日経平均が149.50円高と伸び悩みしている。ウイグル関連の懸念により、指数に寄与度の高いファーストリテイリング<9983>が高値圏より伸び悩みし、上げ幅を縮小したことが相場の上値を重くしているようだ。また、ダイキン<6367>、花王<4452>などの下げも目立っている。《FA》

関連記事

広告