アイリッジの子会社フィノバレーの支援する世田谷区のデジタル商品券・地域通貨「せたがやPay」が提供開始

2021年2月22日 11:24

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

アイリッジ<3917>(東マ)の連結子会社でフィノバレーの支援する、東京都世田谷区のデジタル商品券・地域通貨「せたがやPay」が、2月20日(土)から提供開始された。また同日から、コロナ禍の影響を受ける飲食店の支援を目的とした飲食店応援キャンペーンを、3月4日(木)からは「せたがやPay」利用促進を目的としたプレミアム付与キャンペーンを実施する。

アイリッジ<3917>(東マ)の連結子会社でフィノバレーの支援する、東京都世田谷区のデジタル商品券・地域通貨「せたがやPay」が、2月20日(土)から提供開始された。また同日から、コロナ禍の影響を受ける飲食店の支援を目的とした飲食店応援キャンペーンを、3月4日(木)からは「せたがやPay」利用促進を目的としたプレミアム付与キャンペーンを実施する。[写真拡大]

写真の拡大

■全国のセブン銀行ATMでチャージ可能

 アイリッジ<3917>(東マ)の連結子会社でフィノバレーの支援する、東京都世田谷区のデジタル商品券・地域通貨「せたがやPay」が、2月20日(土)から提供開始された。また同日から、コロナ禍の影響を受ける飲食店の支援を目的とした飲食店応援キャンペーンを、3月4日(木)からは「せたがやPay」利用促進を目的としたプレミアム付与キャンペーンを実施する。

 「せたがやPay」は、東京都世田谷区を対象としたデジタル地域通貨である。世田谷区が支援し、世田谷区商店街振興組合連合会が導入する。感染症予防の観点から非接触型のキャッシュレス決済が消費活動の基本となっていくことを想定。ニューノーマル(新常態)に対応した商品券事業の構築とともに、区内商店街の活性化施策として導入される。デジタル商品券として開始後、デジタル地域通貨としての運用を予定していることから、フィノバレーがデジタル地域通貨プラットフォーム「MoneyEasy」を提供するとともに運用支援を行っている。

 「せたがやPay」には「MoneyEasy」が採用されていることから、ユーザーは「せたがやPay」アプリをダウンロードして現金をチャージすることで、世田谷区内の「せたがやPay」加盟店でキャッシュレス決済が行えるようになる。提供開始時点では飲食店や物販店等(世田谷区内の一部セブン‐イレブン店舗でも利用可)400店舗以上で利用できる。セブン銀行(東京都千代田区)とATM提携を行っており、全国のセブン銀行ATMで原則24時間365日、スマホでかんたんに現金チャージが可能となる。

 フィノバレーは今後も他地域でのデジタル地域通貨支援の経験を活かし、「せたがやPay」の流通拡大を支援していくとしている。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【注目銘柄】ロードスターは年初来高値に肉薄、海外不動産ファンド進出報道でバリュー株買いが再燃(2020/10/14)
【編集長の視点】AMBITIONは増益転換業績の確認を1Q決算開示時に期待して続伸(2020/10/21)
【注目銘柄】トーメンデバイスは決算発表を先取りし割安ハイテク株買いが再燃し急反発(2020/10/07)
【編集長の視点】綿半HDは分割落ち後安値も2Q決算発表を先取り巣ごもり関連株買いの好機(2020/10/13)
【注目銘柄】日電子材料は2Q決算発表を前に割安ハイテク株買いが再燃し反発(2020/10/20)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • ルノー・トゥインゴ バイブス(画像: ルノー・ジャポン発表資料より)
  • マクラーレン・アルトゥーラ(画像: マクラーレン・オートモーティブ発表資料より)
  • 新型「アウトランダー」(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • トヨタの燃料電池大型商用トラックの新型プロトタイプ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • (c) 123rf
  • マツダ・フレアクロスオーバー「HYBRID XT SPECIAL」(画像: マツダ発表資料より)
  • Photo:GAZOO Racing 86/ BRZ Race
 

広告

ピックアップ 注目ニュース