19日上場のWACUL(わかる)は買い気配のまま公開価格の66%高(11時10分現在)

2021年2月19日 11:47

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■「AIアナリスト」デジタルマーケティング自動化など支援

 2月19日新規上場となったWACUL(わかる)<4173>(東マ)は買い気配で始まり、11時10分現在は公開価格1050円を65.6%上回る1739円の買い気配となっている。まだ初値はついていない。ついていない。

 デジタルマーケティングの自動化ツールに提供などを行い、人工知能の「AIアナリスト」シリーズは、アクセス解析ツール「Google Analytics」のデータを元に、自動でWebサイトを分析し、わかりやすい言葉で改善提案まで届けてくれるサービス。また、DXコンサルティングサービスを提供するインキュベーション事業も行う。設立は2010年9月。

 2021年2月期の業績予想(個別、会社発表)は、売上高が708百万円(前期比45.7%増)、営業利益は67百万円(前期は140百万円の営業損失)、当期 純利益は38百万円(前期は142百万円の損失)をそれぞれ見込み、完全黒字化の見通しとしている。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
エフティグループは調整一巡、20年3月期営業増益予想で3Q累計順調(2020/02/18)
【特集】約1カ月ぶりに再開されるIPOの類似関連銘柄に注目(2020/01/27)
【特集】意外な業績好調銘柄とコロナウイルス関連に上乗せの花粉症関連銘柄をマーク(2020/01/27)
【CSR(企業の社会的責任)関連銘柄特集】イワキのCSRは「小さな社会貢献活動」として地道に継続(2020/02/04)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告