Android 12、Google内部のコードネームは「Snow Cone」か?

2021年2月18日 17:32

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

headless 曰く、 Androidの次期メジャーリリースAndroid 12のコードネームが「Snow Cone (SC)」だとXDA-Developersが報じている(XDA-Developersの記事The Vergeの記事Android Policeの記事)。

AndroidのメジャーバージョンはAndroid 1.5 Cupcake以来、Android 9 Pieに至るまでアルファベット順にデザートの名前が付けられていた。当初はコードネームがそのまま愛称となっていたが、Android 4.4 KitKat以降はコードネームと別の正式名称が発表されるようになった。Android 10の正式名称ではデザートの名前が廃止されたが、コードネームではアルファベット順のデザート名の伝統が続いており、Android 10 (Q)は「Quince Tart (QT)」Android 11 (R)は「Red Velvet Cake (RVC)」と呼ばれていた。

Snow Coneというコードネームを使用していることをGoogleが公式に認めたわけではないが、今後Android 12のソースコードが公開されれば、(Android 11の開発者ブランチ名が「rvc」で始まっていたように)「sc」で始まる数多くの開発者ブランチが確認されるとXDA-Developersは主張している。選択肢の少なかったAndroid 10 (Q)とは異なり、「R」や「S」で始まるデザートはよりどりみどりだ。The Vergeの記事では「S」から始まるデザートの名前を17個挙げているが、他にもいろいろあると思われる。スラドの皆さんは何が好みだろうか。

 スラドのコメントを読む | idleセクション | idle | Android

 関連ストーリー:
接触通知アプリCOCOAの不具合、Xamarinを使用したことが一因か? 2021年02月16日
PC上でモバイルアプリ、何か使いたい?いらない? 2020年11月29日
Android 11、Google内部でのコードネームはRed Velvet Cake 2020年07月26日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGoogleAndroid

関連記事

広告