日経平均は147円安、高値警戒感が継続し利益確定売り

2021年2月18日 13:23

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*13:23JST 日経平均は147円安、高値警戒感が継続し利益確定売り
日経平均は147円安(13時20分現在)。日経平均寄与度では、アドバンテスト<6857>、ソフトバンクG<9984>、東エレク<8035>などがマイナス寄与上位となっている。一方、ファーストリテ<9983>、中外薬<4519>、テルモ<4543>などがプラス寄与上位となっており、ファーストリテが1銘柄で140円程押し上げている。セクターでは、鉱業、証券商品先物、その他金融業、鉄鋼、非鉄金属が値下がり率上位、電気・ガス業、空運業、医薬品が値上がりしている。

日経平均はマイナス圏で推移している。引き続き高値警戒感から利益かくて売りが出やすく、また、香港ハンセン指数などが下落していることも東京市場の重しとなっているようだ。《FA》

関連記事

広告