2020年のベイルート爆発、核実験を除く人類の引き起こした最大級の爆発と判明

2021年2月10日 16:19

印刷

記事提供元:スラド

2020年8月4日午後6時過ぎに起きたベイルートの大規模な爆発事故に関して、北海道大学は2月4日、大爆発に伴って生じた爆風が高度300kmにまで達していたとする発表を行った(北海道大学TECH+)。

このデータは、イスラエルのGNSS観測網のデータを元にしたもので、ベイルートで生じた爆発の爆風(音波)による電離圏擾乱を複数のGNSS局で検出したという。爆発は高度300kmの電離層F領域(熱圏)にまで達しており、電波を反射する性質を持つ電離層を擾乱する状態にまでなっていたことになる。同様の現象は2004年浅間山噴火や2011年霧島新燃岳噴火、2015年口永良部島噴火などでも起きているが、今回の大爆発による電離圏撹乱は、こうした過去の火山爆発に匹敵するという。

過去記事でもMOABを超える威力あったとの報道はあったが、今回の観測データでも人類が引き起こした爆発の規模としては、核実験を除くと歴史上最大級であることが確認されたとしている。 

スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 地球 | サイエンス | 地震

 関連ストーリー:
トヨタ自動車元町工場で火事発生し鎮火。開発棟内の車両から出火か 2020年12月24日
バッテリーが分類せずにゴミ箱に入れられた結果、ゴミ処理所の火災が増加中。英国 2020年10月28日
ベテルギウスがこれまで考えられていたよりも小さく、地球に近い位置にあることを示す研究成果 2020年10月20日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードイスラエル核実験北海道大学

関連記事