旭化成は「ホームズ受注速報」の今期初めて増加など注目され高値を更新

2021年2月8日 13:48

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■慢性疼痛薬の独占的実施権供与も材料視される

 旭化成<3407>(東1)は2月8日、一時1246.5円(31.5円高)まで上げて2019年12月以来の高値を更新。後場は1239.5円(24.5円高)で始まり、続伸基調を継続している。

 1月下旬、旭化成ファーマが開発した慢性疼痛薬「AK1780」について米イーライリリーの独占的実施権契約を発表したことが材料視されているほか、前週末取引日の2月5日に「ホームズ受注速報」(旭化成ホームズの2021年1月の請負住宅月次受注速報(金額ベース、前年同月比)」を発表し、前年同月比で6%増加し、8月のセロ%(前年同月比横ばい)を除くと今期初めての増加となり注目されている。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
TACは上値試す、21年3月期大幅増益予想(2020/10/06)
プラマテルズは調整一巡、21年3月期は後半回復期待(2020/10/06)
川崎近海汽船は下値切り上げ、21年3月期は経済活動再開で後半回復期待(2020/10/05)
【特集】選挙関連株に早めの「秋支度」の迂回投資をお薦め(2020/08/24)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • アマゾンを通じた配送サービスのイメージ(アマゾンジャパン発表資料より)
  • Golf Touran(画像: フォルクスワーゲン グループ ジャパンの発表資料より)
  • 世界初公開となったアウディ・Q4 e-tronシリーズ(画像: アウディジャパン発表資料より)
  • 木星
  • Photo:最後に最上級機種「1300ccのスーパーデラックス」を販売するのが秘訣だった
  • Outback Wilderness(アウトバック ウィルダネス)(画像: スバルの発表資料より)
  • (C) 2020 20th Century Studios. All rights reserved.
  • e-POWERイメージ(画像:日産自動車株式会社発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース