ジェイテックは21年3月期3Q累計営業赤字、通期予想公表して営業赤字予想

2021年1月30日 09:12

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

(決算速報)  ジェイテック<2479>(JQ)は1月29日の取引時間終了後に21年3月期第3四半期累計の連結業績を発表した。新型コロナウイルスの影響で減収・営業赤字だった。通期予想を公表して減収・赤字予想とした。当面は厳しい状況だが、期末に向けて徐々にテクノロジストの稼働が進む見込みとしている。22年3月期の収益回復を期待したい。株価は安値圏でモミ合う形だが煮詰まり感を強めている。業績悪化を織り込み済みであり、通期予想公表でアク抜け感につながる可能性がありそうだ。

■21年3月期3Q累計減収・営業赤字、通期予想公表して営業赤字予想

 21年3月期第3四半期累計の連結業績は、売上高が前年同期比8.6%減の20億61百万円、営業利益が44百万円の赤字(前年同期は87百万円の黒字)、経常利益が46.1%減の46百万円、純利益が87.1%減の6百万円だった。新型コロナウイルスの影響で減収・営業赤字だった。

 技術職知財リース事業は6.7%減収だった。テクノロジストの稼働日数・時間が減少した。一般派遣およびエンジニア派遣事業は51.4%減収だった。住宅展示場等への派遣需要が大幅減少した。営業外収益に助成金収入87百万円、受取補償金4百万円を計上して、経常利益と純利益は黒字だった。

 なお四半期別の営業利益は、第1四半期が21百万円の赤字、第2四半期が18百万円の赤字、第3四半期が5百万円の赤字だった。

 通期連結業績予想を公表して、売上高が20年3月期比9.6%減の27億42百万円、営業利益が1億02百万円の赤字(20年3月期は1億41百万円の黒字)、経常利益が85.0%減の21百万円、純利益が98.9%減の1百万円とした。

 当面は厳しい状況だが、期末に向けて徐々にテクノロジストの稼働が進む見込みとしている。22年3月期の収益回復を期待したい。

■株価は業績悪化を織り込み済み

 株価は安値圏でモミ合う形だが煮詰まり感を強めている。業績悪化を織り込み済みであり、通期予想公表でアク抜け感につながる可能性がありそうだ。上放れを期待したい。1月29日の終値は169円、時価総額は約14億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【特集】株式分割・配当の権利取りからトライへ(2020/09/23)
【特集】経済活動の再開を両立させる関連株として証券株に注目(2020/09/14)
【特集】長寿の老舗企業とキャッシュリッチの金持ち企業の脚光に期待(2020/09/07)
【特集】企業再生と株価再生のワンモアチャンスを先取り、バリュー株買いも一考余地(2020/08/31)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告