エルメネジルド ゼニア、21年秋冬コレクション発表

2021年1月28日 20:42

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 エルメネジルド ゼニア(Ermenegildo Zegna)の2021-22年秋冬コレクションが発表された。

■シームレスな世界に向けた、テーラリングの“リセット”

 シーズンテーマは、「THE (RE)SET (RE)TAILORING THE MODERN MAN」。今季は、エルメネジルド ゼニアのDNAであるテーラリングを“リセット”し、現代を生きる男性たちのために再解釈したコレクションだ。

 働き方やくつろぎ方、生き方が流動的になり、「パブリック空間とプライベート空間」「屋内と屋外」など様々なものの境界が曖昧になりつつある現代。そんな時代にふさわしいテーラリングとは何なのか。アーティスティック ディレクターのアレッサンドロ・サルトリが出した1つの答えが、着心地とデザイン性を両立したピースだ。

■着心地を重視した新しいスーツルック

 ビジネスシーンの定番であるスーツスタイルは、快適な着心地を重視したモダンな着こなしにアップデート。ジャケット&パンツは、肌触りの良いダブルカシミアや温かなムートンにチェンジした。差し込むシャツも柔らかな襟付きニットやルーズなタートルネックに変更し、“パブリック空間”でも“プライベート空間”でも纏える、新しいスーツルックを提案している。

■洗練されたリラクシングウェア

 一方、“家の中”で着るルームウェアのようにリラクシングなピースは、カジュアルやスポーティーに寄せすぎず、“家の外”でも着こなせる上品なスタイルで。ショールカラーのベルト付きローブや、ゆったりとしたシルエットのトラックパンツ、スリッパ風のシューズは、着心地の良いジャージ素材でありながら、洗練されたエレガントなシルエットに仕立てている。

■落ち着きのあるカラーパレット

 カラーは、スモーキーグレー、ダークグリーン、ベージュ、ホワイトなど、落ち着きのある色彩がメイン。コレクション全体を流れるリラックス感のある雰囲気を、シックなカラーパレットで引き締めた。また、ストライプや千鳥格子で、リズミカルなアクセントを加えている。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードエルメネジルド ゼニア

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • Audi Q2。画像は欧州仕様(画像: アウディ・ジャパンの発表資料より)
  • マイルドハイブリッド搭載が決まったBMW・X7 xDrive40d(画像: BMWジャパン発表資料より)
  • Photo:日本自動車工業会 豊田会長から550万人への年頭メッセージの冒頭部分
  • ルノー・トゥインゴ バイブス(画像: ルノー・ジャポン発表資料より)
  • マクラーレン・アルトゥーラ(画像: マクラーレン・オートモーティブ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース