ザ・リラクス 2021年春夏メンズコレクション - “新たな価値”を備えた現代のラグジュアリー

2021年1月28日 09:35

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 ザ・リラクス(THE RERACS)の、2021年春夏メンズコレクションを紹介。

■“RELUX”がテーマ

 今季のザ・リラクスは、「RELUX」がテーマ。ラグジュアリーな素材使いと、緩やかながらも美しく見える仕立てによって、リュクスなウェアを提示する。

■“新たな価値”を付加した合成繊維のウェア

 特に、今季は合成繊維のアイテムに注目だ。シワが付きにくく、ケアが容易な素材などを採用し、ウェアに新たな価値をプラス。また、機能性だけでなく、光を受けて輝く質感やスムースな表面など、合成繊維ならではの風合いも上品に昇華することで、フレッシュさのある現代的な表情に仕上げている。

 例えば、綿のようにハリのあるポリエステルのマウンテンパーカーは、卵のようなフォルムで身体を包み込む立体感のあるシルエットが魅力。フロントに配したスナップ付きポケットや、大きめのフードなどカジュアルなディテールをあしらいつつ、ミニマルで落ち着きのある雰囲気に仕上げているのが印象的だ。

■ゆとりのあるリラクシングな佇まい

 また、ザ・リラクス定番のモッズコートを筆頭に、ミニマルなバルカラーコートや、なだらかな輪郭線を描くチェスターコート、フラットなノーカラーロングコートなど、ゆとりのあるリラクシングなシルエットのアウターも目を引く。ハーフパンツに合わせたアンコンジャケットや、しなやかな生地を用いたシャツジャケットは、ショルダーをドロップさせることで身体に自然になじむような造形となっている。

 シャツやカットソーも、生地をたっぷりと使いドルマンスリーブに仕上げたピースが散見された。シックなチェック柄のバンドカラーシャツや、柔らかなアイボリーの五分袖シャツ、ユニークな前立てを施したシャツなど、袖に分量をもたせ曲線的に仕上げたシャツが多数登場する。

■多彩なテーパードパンツ

 その一方で、ボトムスはゆったりとしたトップスとバランス良く組み合わせられるテーパードシルエットが目を引く。細かくタックを施し腰回りにボリュームを持たせた分、裾に向かって細く仕上げたテーパードワイドパンツや、センタープレスを施し、すっきりとしたフォルムに仕上げたスリムイージーパンツ、股上を深めに設定したテーパードパンツなど、バリエーション豊かに揃える。

■バッグが新登場

 また、ウィメンズと同様に、今季からバッグの展開をスタート。程良く光沢を放つレザーを用いてミリタリー調に仕上げた、クラッチバッグやバケットバッグが新たに登場する。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードザ・リラクス(THE RERACS)

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • Audi Q2。画像は欧州仕様(画像: アウディ・ジャパンの発表資料より)
  • マイルドハイブリッド搭載が決まったBMW・X7 xDrive40d(画像: BMWジャパン発表資料より)
  • Photo:日本自動車工業会 豊田会長から550万人への年頭メッセージの冒頭部分
  • ルノー・トゥインゴ バイブス(画像: ルノー・ジャポン発表資料より)
  • マクラーレン・アルトゥーラ(画像: マクラーレン・オートモーティブ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース