インフォコム、「めちゃコミック」など電子コミック事業の売上高が第3四半期までで昨年度の通期売上高を突破、期末増配

2021年1月27日 17:35

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■9カ月間で前年同期比38.1%増の330億円に達す、期末配当を6円増配

 インフォコム<4348>(東1)の電子コミック配信サービス「めちゃコミック」を含む電子コミック事業の2020年4月から12月末までの売上高が、昨年度の通期売上高を突破し、前年同期比38.1%増の330億円となった。1月27日、発表した。

 電子コミック配信事業の昨年度の売上高は326億円。今期は、「めちゃコミック」でのデータ分析に基づく無料連載、独占先行作品・オリジナルコミックの拡充などの施策を推進した結果、新規ユーザーの獲得とサイト利用の活性化につながった。3月期通期目標は457億円(前年度比40.0%増)に設定している。

 同日発表の第3四半期決算(2020年4月~12月、累計)は、売上高が前期比18.7%増の489.14億円となり、営業利益は同22.0%増の71.10億円、親会社株主に帰属する四半期純利益は同23.9%増の49.25億円だった。

 これにともない、期末配当の増配も発表。21年3月期の期末の配当金の予想は、これまで1株当たり21円としていたが、6円増配し同27円に修正した。第2四半期末配当金(中間配当)は前期と同額の同10円を実施済み。この結果、21年3月期の年間配当金は1株当たり37円(前期比6円増)、連結配当性向は30.2%となる予定とした。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
エフティグループは調整一巡、20年3月期営業増益予想で3Q累計順調(2020/02/18)
【特集】約1カ月ぶりに再開されるIPOの類似関連銘柄に注目(2020/01/27)
【特集】意外な業績好調銘柄とコロナウイルス関連に上乗せの花粉症関連銘柄をマーク(2020/01/27)
【CSR(企業の社会的責任)関連銘柄特集】イワキのCSRは「小さな社会貢献活動」として地道に継続(2020/02/04)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告