東京為替:ドル・円は変わらず、米FOMC控え売り買い縮小

2021年1月25日 13:10

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*13:10JST 東京為替:ドル・円は変わらず、米FOMC控え売り買い縮小

25日午後の東京市場でドル・円は103円70銭台と、変わらずの値動き。明日から開催される米連邦公開市場委員会(FOMC)を前に様子見ムードが広がり、積極的な売り買いは手控えられている。ただ、日経平均株価のプラス圏維持で、円売り基調は継続する。


ここまでの取引レンジは、ドル・円は103円75銭から103円89銭、ユーロ・円は126円25銭から126円37銭、ユーロ・ドルは1.2162ドルから1.2177ドル。《TY》

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • マイルドハイブリッド搭載が決まったBMW・X7 xDrive40d(画像: BMWジャパン発表資料より)
  • Photo:日本自動車工業会 豊田会長から550万人への年頭メッセージの冒頭部分
  • ルノー・トゥインゴ バイブス(画像: ルノー・ジャポン発表資料より)
  • マクラーレン・アルトゥーラ(画像: マクラーレン・オートモーティブ発表資料より)
  • 新型「アウトランダー」(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • トヨタの燃料電池大型商用トラックの新型プロトタイプ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • (c) 123rf
 

広告

ピックアップ 注目ニュース