ドイツ、N95相当の医療用マスク着用を義務化 公共機関や施設利用時など

2021年1月23日 17:42

印刷

記事提供元:スラド

ドイツ政府は19日、公共交通機関を使うときに、医療用マスク着用を義務化するという方針を決めたとする報道が出ている(NHK日経新聞TBSNEWS)。

ドイツでは未だに1日当たりの感染者が1万人を超えており、1月末までとしていた小売店の営業禁止などを含むロックダウンの期間を2月14日まで延長した。日経新聞によると、電車などに乗る場合には欧州の規格で医療従事者が利用する「FFP2」(米国のN95、日本のDS2に相当)や、OPマスクと呼ばれるマスクの着用が義務づけられる。しかし、1枚約2〜5ユーロ(1ユーロは約126円)と高価な上、使い捨てマスクであることから市民からは不満の声が上がっているという(ニューズウィーク)。

またドイツも昨年春と比べて在宅勤務が広がっていないことから、企業には在宅勤務を増やすように対応を強く求めている。近隣諸国が同等の感染対策をとらない場合、国境管理を導入する可能性もあるとのこと。またドイツでイギリス株とも南アフリカ株とも違う変異種が見つかったとする報道も出ているようだ。感染力の強さなどの詳細は現時点では不明であるとしている。 

スラドのコメントを読む | EU | 医療

 関連ストーリー:
Razer、ゲーミングマスクと巻き取りディスプレイ内蔵ゲーミングチェアのコンセプトを発表 2021年01月14日
パナソニックも不織布マスクの通信販売に参入 2021年01月09日
米スタンフォード大、COVID-19ワクチン5,000回分のうち研修医の接種対象を7人と発表して批判される 2020年12月23日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードドイツ在宅勤務

関連記事