岩谷産業は上場来高値に向け出直る、水素エネ事業に加えカセットこんろなどの家庭需要も注目される

2021年1月18日 11:08

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■緊急事態宣言の発動を受け生活用品の需要増加の見方

 岩谷産業<8088>(東1)は1月18日、3日ぶりに反発し、10時にかけては5%高の7260円(350円高)。1月13日につけた事実上の上場来高値7470円に向けて出直っている。

 2050年までに温暖化ガス排出量をゼロにする「脱炭素」政策やFCV(燃料電池車)向けの水素、水素供給スタンドなどへの取組が注目されている。また、生活用品でもカセットこんろ「カセットフー」や、たこ焼・焼肉グリルなどを発売するため、緊急事態宣言の発動を受けて家庭での需要が増加しているとされ、注目再燃の様子となった。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【注目銘柄】ロードスターは年初来高値に肉薄、海外不動産ファンド進出報道でバリュー株買いが再燃(2020/10/14)
【編集長の視点】AMBITIONは増益転換業績の確認を1Q決算開示時に期待して続伸(2020/10/21)
【注目銘柄】トーメンデバイスは決算発表を先取りし割安ハイテク株買いが再燃し急反発(2020/10/07)
【編集長の視点】綿半HDは分割落ち後安値も2Q決算発表を先取り巣ごもり関連株買いの好機(2020/10/13)
【注目銘柄】日電子材料は2Q決算発表を前に割安ハイテク株買いが再燃し反発(2020/10/20)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事