大阪金概況:下落、リスク資産選好や米長期金利上昇を反映

2021年1月12日 16:05

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*16:05JST 大阪金概況:下落、リスク資産選好や米長期金利上昇を反映
大阪取引所金標準先物 21年21月限・日中取引終値:6233円(前日日中取引終値↓146円)

・推移レンジ:高値6241円-安値6184円

12日の大阪取引所金標準先物(期先:21年12月限)は下落した。3連休明けの今日の東京株式市場は寄付きこそ売りが先行したが、その後は先週末水準を挟んだ底堅い動きとなり、リスク資産選好が継続。安全資産とされる金に資金が向かいにくかった。加えて、米長期金利が上昇しており、金利のつかない金の魅力が相対的に低下しているとの指摘もあり、こうした動きを受け、今日の金先物は売りに押される展開となった。《FA》

関連記事

広告

広告