ブリヂストンは孫会社売却と約2000億円の売却益が注目され大きく出直る

2021年1月8日 11:10

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■米国子会社の子会社をスイスの建材企業に売却と発表

 ブリヂストン<5108>(東1)は1月8日、大きく出直り、9時20分に3574.0円(142.0円高)まで上げて半月ぶりに3500円台を回復している。7日15時、孫会社の売却と約2000億円の売却益の計上を発表し、材料視された。

 米国子会社ブリヂストンアメリカインク(BSAM)が米国時間の1月6日、同社の子会社であるファイアストン・ビルディング・プロダクツ・カンパニー・エルエルシー(FSBP)を、スイスの建設資材メーカーに売却することで合意と発表した。売却価額は「企業価値34億米ドルにFSBPの運転資本等に係る調整を行い確定」し、売却益(税引後)約2000億円を計上する見込み、とした。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【注目銘柄】ロードスターは年初来高値に肉薄、海外不動産ファンド進出報道でバリュー株買いが再燃(2020/10/14)
【編集長の視点】AMBITIONは増益転換業績の確認を1Q決算開示時に期待して続伸(2020/10/21)
【注目銘柄】トーメンデバイスは決算発表を先取りし割安ハイテク株買いが再燃し急反発(2020/10/07)
【編集長の視点】綿半HDは分割落ち後安値も2Q決算発表を先取り巣ごもり関連株買いの好機(2020/10/13)
【注目銘柄】日電子材料は2Q決算発表を前に割安ハイテク株買いが再燃し反発(2020/10/20)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告

財経アクセスランキング