コロナの影響で売れなくなった消費財 口紅に酔い止め、咳止めなど

2020年12月29日 18:32

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

15日頃の発表のものだが、調査会社のインテージが日用消費財市場に関して、コロナ禍で売れなくなったものをまとめている。全国約4,000店舗のPOSデータやSRI(全国小売店パネル調査)が元になっているとしている。集計期間は1月から10月だという。順位は推定販売金額を元にしてつけられているという。1位は口紅(44%・カッコ内は販売金額の前年比以下同)、2位鎮暈剤、めまいなどの症状を抑える薬。酔い止めも含む(54%)、3位強心剤(63%)、4位ほほべに(66%)、5位ファンデーション(68%)、6位化粧下地(72%)、7位おしろい(79%)、8位鎮咳痰除去剤(79%)、9位総合漢方薬(79%)、10位ビタミンB1剤(81%)だぞうだ(インテージ:コロナが影響「2020年、今年苦戦したものランキング」BCN+R)。

とくに売れなくなっているのが化粧品であるという。マスクをするようになったことで口周りの化粧をしなくなったことや、海外からの旅行者が減少したことなどが響いているという。ただマスクの影響の少ない目元を強調する製品などは売れているそうだ。旅行も減ったことから酔い止めも売れなくなったとしている。風邪薬や咳や痰の薬も売れなくなっているという。今年はインフルエンザの患者数が少ないことが報じられているが、風邪も引く人が少なくなったことからすべての年代で売り上げを落としているようだ。

ちなみに同社はこれより少し前に今年売れたものランキングに関しても発表している。そちらに関しては、1位がマスク(同販売金額の前年比425%)。2位は殺菌消毒剤(302%)、3位が体温計(249%)、4位はうがい薬(220%)、5位はぬれティッシュ(179%)とほぼコロナ関係となっている。コロナと無関係なのが6位の玩具メーカー菓子。これは鬼滅の刃関連だとのこと(コロナで激変「2020年、今年売れたものランキング」)。 

スラドのコメントを読む | 日本 | 統計

 関連ストーリー:
米CDC、2020年に最も読まれたグローバルヘルス記事の主題はハマダラカ 2020年12月26日
今年はインフルエンザが激減。新型コロナ対策が広まったおかげか? 2020年12月07日
2020年版パスワードを正しく使用していない人・団体のランキング、1位はTwitter従業員、2位はZoomユーザー 2020年12月05日
日本のVチューバー、世界の投げ銭ランキングでトップ3を独占 2020年11月20日
東京が「住みやすい都市」世界首位に、新型コロナウイルスによる死者数が相対的に少ないことを評価 2020年11月17日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード鬼滅の刃

関連記事

広告

写真で見るニュース

  • 新型NX(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 新型ランドクルーザー(300系)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • (c) 2021 Universal Studios. All Rights Reserved.
  • (c) 2021 『ドライブ・マイ・カー』製作委員会
  • タント特別仕様車 楽天イーグルス エディション ⓒRakuten Eagles
  • Photo:スカイライン打倒を果たした「第6回富士TT」で激走する加茂・増田組サバンナ(マツダレース委員会アーカイブ)
  • © 2021 Universal Pictures
  • レクサスの特別仕様車3種と松山英樹選手(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース