紀平梨花が連覇 全日本フィギュア

2020年12月28日 08:38

小

中

大

印刷

 27日、長野県長野市・ビッグハットでフィギュアスケートの全日本選手権女子フリースケーティング(FS)が行われ、紀平梨花が連覇を果たした。

 25日に行われたショートプログラム(SP)で、片手側転などで79.34点を出しで首位に立っていた紀平が、FSでも154.90点と2位を引き離し、トータル234.24点で優勝した。紀平は冒頭で自身初となる4回転サルコーを成功させると、トリプルアクセルは減点があったものの、3回転フリップ-1回転オイラー-3回転サルコーなどの大技を次々に成功させる堂々のスケーティングを披露した。

 2位は、先月行われたNHK杯を制し2年ぶりの優勝を目指した坂本花織。SPの71.86点からFSでもノーミスの演技で150.31点と伸ばすも、トータル222.17点で首位には及ばなかった。宮原知子は、SPの6位からFSでは143.27点と巻き返し、トータル209.75点で3位に入った。

 体調を戻し今シーズンから復帰した三原舞依は、SPを3位、FSを134.10点、トータル203.65点で5位に入った。2018年世界選手権銀メダリストで昨年の全日本選手権2位の樋口新葉は、SPで13位と出遅れ、フリーも冒頭のトリプルアクセルから終始ミスが目立ち133.51点、トータル195.04点で7位に終わった。

関連キーワード三原舞依フィギュアスケート坂本花織紀平梨花

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • Audi Q2。画像は欧州仕様(画像: アウディ・ジャパンの発表資料より)
  • マイルドハイブリッド搭載が決まったBMW・X7 xDrive40d(画像: BMWジャパン発表資料より)
  • Photo:日本自動車工業会 豊田会長から550万人への年頭メッセージの冒頭部分
  • ルノー・トゥインゴ バイブス(画像: ルノー・ジャポン発表資料より)
  • マクラーレン・アルトゥーラ(画像: マクラーレン・オートモーティブ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース