ソニー、米アニメ配信大手のクランチロールの運営企業を買収へ

2020年12月11日 16:46

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

ソニーが米アニメ配信大手のCrunchyroll(クランチロール)を買収すると発表した。ソニー傘下の米ファニメーションが、運営会社の株式を所有するAT&Tからすべての株価を取得するという。買収金額は11.75億ドル(約1200億円)だとしている(日経新聞テレ東NEWSロイター)。

ソニーはアニプレックスなどのアニメ会社を所有しており、自社制作の作品をネットフリックスなどの外部の配信会社に委託していた。クランチロールは200以上の国、地域で約9000万人のユーザーがおり、ソニーは自社系作品を自社の配信網を使って提供できるということになるようだ。ちなみにクランチロールは日本のアニメ製作委員会などにも出資していることで知られている(住友商事)。 

スラドのコメントを読む | ビジネス | アニメ・マンガ

 関連ストーリー:
中国で過熱気味の投げ銭に規制。投げ銭のみで約1兆円の市場に 2020年12月05日
日本のVチューバー、世界の投げ銭ランキングでトップ3を独占 2020年11月20日
Twitterが新機能フリートを国内にも投入。24時間で自動消去 2020年11月12日
AIカメラが副審のスキンヘッドを追尾、ボールと誤認識 2020年11月02日
Disney+、古いディズニー作品の差別的表現に関する警告を強化 2020年10月22日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードソニー住友商事買収

関連記事

広告