AWS障害でスマートリモコンが動作不能に 電気消せず眠れない夜過ごす人々

2020年11月26日 17:44

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 日本時間25日の23時半頃、Amazon Web Service (AWS)の障害に起因し、スマートホームデバイスが動作不能となる事態が発生した(Nature株式会社の発表SwitchBot Japanの発表iRobotの発表)。

障害が発生したのは米国東部(バージニア北部、US-EAST-1)リージョンのAWS IoT Core、AWS IoT SiteWiseなどで、発生から5時間経った現在もサービスの不安定な状態が続いている。

この影響で、スマートリモコンのNature RemoやSwitchBot、スマート家電のルンバが操作を受け付けない状態に陥り、SNSでは「照明が消せない」「加湿器が止まらない」「エアコンが操作できない」といった声が挙がっている。

最悪の場合コンセントプラグを抜くかブレーカーを遮断すればスマートホームデバイスの電源は落とせるが、照明を気にせず眠る人、明るさに目を覚ます人、原因がわからず試行錯誤に精を出す人、エアコン付属のリモコンが見つからず震える夜を過ごす人、翌朝のタイマーを心配する人など、人それぞれの夜を過ごしたことだろう。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ハードウェア | 電力

 関連ストーリー:
クラッシュするアプリは10代と20代からは「くそアプリ」として嫌われる 2020年03月23日
クラウド連携スマートリモコン、クラウド側の障害でリモコン操作が一時的にできなくなる 2018年12月26日
Amazon、GDPRに基づいた個人データ開示請求に対し他人の大量の音声データを送付 2018年12月25日
ホログラム風にキャラクターを表示できるスマートデバイス新モデル、10月に出荷開始 2018年08月03日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードAmazonIoT(Internet of Things)

関連記事

広告