東京が「住みやすい都市」世界首位に、新型コロナの死者数少ないこと評価

2020年11月18日 09:22

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

米経済誌グローバルファイナンスによると、2020年における「住みやすい都市」のランキングトップに東京がなったそうだ(Global Finance Magazine.日経新聞)。新型コロナウイルス(COVID-19)による死者数が他の主要都市と比べて感染症例数が少なく、GOTOトラベルによる移動などの助成なども行われており、全体的な生活の質も高いことが理由だとしている。

このランキングは経済力、研究開発、文化的相互作用、居住性、環境、アクセシビリティ、米ドルでの一人当たり名目GDP、そしてCOVID-19の100万人あたりの死亡率という8種類の要素を元にスコアを生成したという。なお2以降は次通り。2位ロンドン、3位はシンガポール、4位ニューヨーク、5位メルボルン、6位フランクフルト、7位パリ、8位ソウル、9位ベルリン、10位シドニーとなっている。なお最下位は安定の南アフリカ・ヨハネスブルグ。

今回のランキングではCOVID-19の蔓延と死者の多さから、ブリュッセル(43位)、ミラノ(40位)、バルセロナ(38位)、マドリッド(35位)といったように、ヨーロッパの人気都市がランキングを下げたという。一方でシンガポール(3位)、ソウル(8位)、香港(11位)と言うようにCOVID-19の感染者数の少ないアジアの都市が順位を上げている。 

スラドのコメントを読む | 日本

 関連ストーリー:
ホンダ、自動運転レベル3機能搭載車の型式指定を取得。搭載レジェンドを年度内に販売予定 2020年11月13日
日本遺産にオカルト案件が認定されたと話題。長野県上田市 2020年11月12日
Mashable、ユーザーデータ流出に関する調査結果を報告 2020年11月10日
電動キックボードの公道走行、丸の内などの千代田区一部地域で実証実験中。要運転免許 2020年11月06日
ドイツのソフトウェアエンジニア、米マクドナルド各店舗のアイスクリームマシン稼働状況を表示するサイト「mcbroken」を公開 2020年10月26日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード国内総生産(GDP)新型コロナウイルス

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • 画像はイメージです。
  • ボルボ「S60」(画像: ボルボ・カー・ジャパン発表資料より)
  • ミニムーン20CD3 (c)  International Gemini Observatory / NOIRLab / NSF / AURA / G. Fedorets
  • SUBARU Labが入るH¹O渋谷三丁目の共用ラウンジのイメージ(画像: SUBARU発表資料より)
  • N-BOX、N-BOXカスタム:発表資料より
  • 新型N-ONE RS(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • モーガン・エアロ 1922年式 (c) sawahajime
 

広告

ピックアップ 注目ニュース