東京為替:ドル・円は弱含み、ドル売り継続

2020年11月16日 12:02

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*12:02JST 東京為替:ドル・円は弱含み、ドル売り継続

16日午前の東京市場でドル・円は弱含み。米大統領選でバイデン民主党候補の勝利が確定的となり、リスク選好ムードが広がる。週明けアジア市場は日経平均株価などアジア株高を手がかりに、ドルはリスクオンの売りが継続。一方、円売りも続きドルをサポートしている。


ここまでの取引レンジは、ドル・円は104円60銭から104円75銭、ユーロ・円は123円82銭から124円07銭、ユーロ・ドルは1.1831ドルから1.1849ドル。

【経済指標】
・日・7-9月期GDP1次速報:前期比年率+21.4%(予想:+18.9%、4-6月期:-28.8%←-28.1%)
・中・10月鉱工業生産:前年比+6.9%(予想:+6.7%、9月:+6.9%)
・中・10月小売売上高:前年比+4.3%(予想:+5.0%、9月:+3.3%)《TY》

関連記事