GoogleがChrome独自のルート証明書プログラムを計画中

2020年11月13日 20:19

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 Google ChromeはTLSで使用されるルート証明書を伝統的にOSの証明書ストアから参照していたが、近い将来GoogleはiOS版を除いて独自のルート証明書プログラムへの移行を計画しているようだ(公式ページ)。これはFirefoxと類似のモデルである。

初期ルートストアにはLet's EncryptのISRG Root X1が含まれているので、移行が完了すればChromeがサポートするAndroid 5.0以降ではLet's Encryptの証明書の有効期限切れ問題は解消すると思われる。

  情報元へのリンク

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | Chrome | セキュリティ | インターネット | IT

 関連ストーリー:
Let's Encrypt、ルート証明書切り替えに向けて古いAndroidへの対策を呼びかけ 2020年11月08日
Microsoft、Microsoft Edge 85以降でSHA-1証明書の使用を可能にする新たな(かつ非推奨の)グループポリシーを追加 2020年09月02日
Let's Encrypt証明書を使用しているWebサイト、Android 7.1以前の端末での閲覧に影響か 2020年08月12日
Chrome/Firefox/Safariがカザフスタン政府の証明書をブロック、政府による傍受に対処 2019年08月23日
無料SSL「Let’s Encrypt」のルート証明書がすべての端末で直接信頼されるには5年必要 2018年08月10日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGoogleiOSAndroidChromeFirefoxTLS

関連記事

広告