マクドナルド、独自製法の植物由来の人工肉を開発へ 来年市場に投入

2020年11月11日 08:48

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

マクドナルドは独自の植物ベースの人工肉を開発中だという。同社は競合他社と比べ、植物ベースの製品の開発や販売で遅れ気味だった。開発は代替肉の製造で知られるビヨンド・ミートと共同で行うとされている(ReutersUSA TodayTechCrunch )。

同社は「McPlant」という植物ベースのプラットフォームを開発し、バーガー、代替チキン、朝食のサンドイッチなどにもラインナップを広げていきたいとしている。実際の製品投入は2021年に一部の市場での投入を予定しているとのこと。 

スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | テクノロジー | バイオテック | サイエンス

 関連ストーリー:
食糧危機を救うのは人工肉かもしれない。新型コロナによる流通崩壊や豚コレラ蔓延で 2020年09月01日
豚の挽肉を再現したという植物性人工肉「Impossible Pork」はかなり豚肉に似ているらしい 2020年01月09日
植物性人工肉バーガーを食べると男性の乳房が大きくなるという主張 2019年12月30日
米Arby's、肉ベースのニンジンを開発 2019年06月29日
米バーガーキング、肉なしワッパー「Impossible Whopper」をテスト開始 2019年04月03日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードマクドナルド

関連記事