【注目銘柄】興研は新型コロナ感染の「第3波」懸念でマスク増産を買い直して反発

2020年11月10日 08:57

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

 興研<7963>(JQS)は、前日9日に10円高の2330円と3営業日ぶりに急反発して引けた。新型コロナ感染症の1日当たりの新規感染者が、11月に入って北海道で初めて200人と急増しているほか、東京都内でも再拡大し、感染の「第3波」到来も懸念され始めたことから、米国N95規格の高性能マスク「ハイラック」シリーズの増産を着々と進めている同社株に、今年1月、3月、8月のストップ高を交えた急騰劇の再現を期待する買い物が再燃した。今2021年3月期業績が上方修正され、配当も大幅増配される好実態も見直されている。

■増産の1ラインが稼働を開始し残り3ラインも順次稼働

 同社は、「ハイラック」シリーズの高性能マスクをタイと国内で生産しているが、一時、タイ政府がマスクの国外輸出許可を停止したことから国内の生産能力の増強を進めている。国内工場の生産ラインに新規に3億円の設備投資をして月間60万枚の生産産能力を増強、国内外合わせた生産能力は現在の月産140万枚を200万枚とする。このうち今年9月から増設ライン1ラインが生産を開始し、残り3ラインも来年1月まで順次、稼働を開始する。

 またオープンクリーンシステム「KOACH」では、新型コロナウイルス感染症対策の「Stand KOACH Mz」を開発し医療機関向けに供給を開始する。同製品は、独自の高性能フィルタと高度な整流技術によって世界最高レベルの清浄空間を実現し、医療従事者が対面診療時に患者の飛沫や浮遊ウイルスから医療従事者を守り、オープンな診察室内にクリーンスペースを確保することを可能にしている。11月に入り東京都内の新規感染者が、1週間平均の1日当たり201.7人に急増し、8月29日以来の200人超となり、今年春先の「第1波」、8月の「第2波」に次ぐ「第3波」の到来も懸念され、医療現場の対応も急がれているだけに注目を集めそうだ。

 一方、今2021年3月期業績は、第2四半期(2020年4月~9月期、2Q)累計業績を2回上方修正、3月期通期業績を一時未定と変更したが、10月29日に開示し、売り上げ99億円(前期比15.0%増)、営業利益9億7000万円(同70.8%増)、経常利益9億3000万円(同75.9%増)、純利益6億8000万円(同83.0%増)と大幅続伸し期初予想を上方修正することとなった。配当も、特別配当20円を上乗せして年間45円(前期実績25円)への大幅増配を予定している。

■8月ストップ時の窓埋めは最終場面で急騰相場の「第4波」に挑戦

 株価は、今年1月に再三のストップ高を交えて年初来高値4380円まで買われて年初来安値1386円から3.1倍の大化けを演じた。その後のコロナ・ショック相場では1958円安値に突っ込んだが、国内のマスク製造・販売が1.8倍~2倍で推移した3月に再びストップ高を伴って2989円の戻り高値までリバウンドした。さらに2Q累計業績の上方修正では、ストップ高を交えて窓を開けて2982円高値へリバウンドして戻り高値で押し戻され、足元ではこの時に開けた窓埋めの最終場面となっている。寒気の強まりによる感染拡大の「第3波」到来懸念で、急騰相場の「第4波」へのチャレンジも有力であり、下値での待機買い妙味を示唆している。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【特集】経済活動の再開を両立させる関連株として証券株に注目(2020/09/14)
サンコーテクノは下値固め完了、21年3月期上振れ余地(2020/10/07)
カナモトは戻り試す、21年10月期収益拡大期待(2020/10/06)
トーソーはモミ合い煮詰まり感、21年3月期上振れの可能性(2020/10/06)
TACは上値試す、21年3月期大幅増益予想(2020/10/06)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • ボルボ「S60」(画像: ボルボ・カー・ジャパン発表資料より)
  • ミニムーン20CD3 (c)  International Gemini Observatory / NOIRLab / NSF / AURA / G. Fedorets
  • SUBARU Labが入るH¹O渋谷三丁目の共用ラウンジのイメージ(画像: SUBARU発表資料より)
  • N-BOX、N-BOXカスタム:発表資料より
  • 新型N-ONE RS(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • モーガン・エアロ 1922年式 (c) sawahajime
  • 星間物質で満たされたオリオン座の大星雲M42の内部 (c) NASA
 

広告

ピックアップ 注目ニュース