島本和彦氏経営のTSUTAYA札幌インター店、11月8日で閉店

2020年10月30日 09:04

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

漫画家の島本和彦さんが、実家の事業を継いだ関係で札幌でTSUTAYAでを経営していたことは有名な話だが、その店舗であるTSUTAYA札幌インター店が、11月8日で営業を終えて閉店することになったそうだ(北海道新聞北海道新聞Twitter)。

この店舗では、店内の壁に描かれた同業のあだち充さんや藤田和日郎さん、青山剛昌さん、横山裕二さんの描いた絵があることでも知られている。島本和彦さんが28日の午前に、この絵に関して北海道新聞からの取材を受けており、その動画も公開されている(島本和彦さんTwitter動画)。

 スラドのコメントを読む | アニメ・マンガ

 関連ストーリー:
「エヴァ」シリーズの庵野秀明氏が経営するカラー、ガイナックスを提訴 2016年12月02日
「マンガ大賞 2010」ノミネート作品決まる 2010年01月20日
「コンテンツ振興のために次世代制度を考える」シンポジウム開催 2008年01月25日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード北海道TSUTAYA

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • ボルボ「S60」(画像: ボルボ・カー・ジャパン発表資料より)
  • ミニムーン20CD3 (c)  International Gemini Observatory / NOIRLab / NSF / AURA / G. Fedorets
  • SUBARU Labが入るH¹O渋谷三丁目の共用ラウンジのイメージ(画像: SUBARU発表資料より)
  • N-BOX、N-BOXカスタム:発表資料より
  • 新型N-ONE RS(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • モーガン・エアロ 1922年式 (c) sawahajime
  • 星間物質で満たされたオリオン座の大星雲M42の内部 (c) NASA
 

広告

ピックアップ 注目ニュース