横浜ロイヤルパークホテル“ベートーヴェン”生誕記念ランチ、ウィーン風チキン&モーツァルトのスープ

2020年10月29日 18:35

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 横浜ロイヤルパークホテルは、ベートーヴェンの生誕250年を記念したスペシャルランチを、2020年11月1日(日)から2021年1月6日(水)まで地下1階レストラン&バンケット「フローラ」にて提供する。

 ベートーヴェンの誕生を祝した今回のランチコースは、ベートーヴェンが愛した料理や、彼が半生を過ごしたオーストリア・ウィーンに着想したメニューをフローラ風にアレンジ。前菜からデザートまで、随所にベートーヴェンの世界観を散りばめた。

 前菜には、憧れのモーツァルトが食したとされるスープにウィーン風カナッペを添えたものや、ウィーン風に仕上げたフライドチキンといった3品を用意。

 メインは、2種類から選択でき、1つはベートーヴェンが好んだとされる白身魚のポワレ。プレートには、ポテトのパンケーキが添えられている。もう一方は、ミートソースのウィーン風クレープとチキンのポワレを合わせた1品だ。

コースを締めくくるデザートには、コーヒー好きで知られるベートーヴェンから着想したコーヒーゼリーや、りんごを薄い生地で巻いたオーストリアの伝統菓子「シュトゥルーデル」風に仕上げたスイーツ、ミルクアイスなどがラインナップする。

【詳細】
「ベートーヴェン生誕250年スペシャルランチ vol.2」
期間:2020年11月1日(日)~2021年1月6日(水)
時間:平日 11:30~13:30L.O、土日祝日 11:00~14:30L.O ※木曜一時休業
場所:地下1階 レストラン&バンケット「フローラ」
住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい2丁目2−1−3
料金:2,783円(税込) ※サービス料込

■メニュー

・前菜
バックヘンデルサラダ パンプキンシードドレッシング、憧れを抱いていたモーツァルトゆかりのスープにウィーン風カナッペを添えて、ウィーン風ポテトサラダにサーモンを添えて ホースラディッシュをきかせたビネグレットにて
・メイン(1品を選択)
ミートソースのパラチンケンとチキンのポワレ シェルマカロニのチーズ和えと共に~音符を添えて~、白身魚のポワレとカルトッフェル・プッファー パプリカソース ~楽聖のお気に入り白身魚のソテーポテト添えから~
・デザート
コーヒーゼリー~コーヒー好きで有名なベートーヴェン~、りんごのシュトゥルーデル風~ウィーンのお菓子~、ミント香るフルーツポンチ~ポンチ酒のシャーベットから~、ミルクアイス
・ドリンク
コーヒー/紅茶
※状況により営業内容やメニュー内容が変更になる場合あり

【予約・問い合わせ先】
TEL:045-221-1155(10:00~19:00)

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連記事