マザーズ指数は5日ぶり反発、IPOカラダノート初値持ち越し/マザーズ市況

2020年10月27日 16:46

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*16:46JST マザーズ指数は5日ぶり反発、IPOカラダノート初値持ち越し
本日のマザーズ市場では、前日の米国株が大幅に下落したことを受けて売りが先行した。ただ、欧米での新型コロナウイルス感染拡大に伴う米長期金利の反落、それに「ウィズコロナ」意識の高まりを背景に、新興ハイテク株へ改めて投資資金が向かったようだ。マザーズ指数は朝方にはプラスへ切り返し、その後も堅調に推移した。なお、マザーズ指数は5日ぶり反発、売買代金は概算で2356.51億円。騰落数は、値上がり183銘柄、値下がり137銘柄、変わらず8銘柄となった。個別では、時価総額上位のメルカリ<4385>やフリー<4478>が全般堅調。前日に決算発表した弁護士コム<6027>は売り先行も切り返し、7%を超える上昇となった。電子契約サービスの伸びが好感されたようだ。売買代金上位ではGNI<2160>やBASE<4477>、JTOWER<4485>が買い優勢。また、直近上場のヘッドウォーター<4011>は11日ぶりの急反発で上昇率トップとなった。一方、マネーフォワード<3994>が利益確定売りに押され小幅続落。売買代金上位ではHENNGE<4475>やアンジェス<4563>が軟調だった。また、ピースリー<6696>などが下落率上位に顔を出した。なお、本日マザーズに新規上場したカラダノート<4014>は買い気配のまま初値が付かなかった。《HK》

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • ボルボ「S60」(画像: ボルボ・カー・ジャパン発表資料より)
  • ミニムーン20CD3 (c)  International Gemini Observatory / NOIRLab / NSF / AURA / G. Fedorets
  • SUBARU Labが入るH¹O渋谷三丁目の共用ラウンジのイメージ(画像: SUBARU発表資料より)
  • N-BOX、N-BOXカスタム:発表資料より
  • 新型N-ONE RS(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • モーガン・エアロ 1922年式 (c) sawahajime
  • 星間物質で満たされたオリオン座の大星雲M42の内部 (c) NASA
 

広告

ピックアップ 注目ニュース