10月26日のNY為替概況

2020年10月27日 04:06

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*04:06JST 10月26日のNY為替概況
 26日のニューヨーク外為市場でドル・円は105円06銭まで上昇後、104円82銭まで下落して引けた。

新型コロナウイルス拡大や追加経済対策への期待後退でリスク回避の円買いが優勢となった。

ユーロ・ドルは1.1805ドルまで弱含んだのち、1.1827ドルへ上昇して引けた。独10月IFO企業景況感指数の悪化を嫌気したユーロ売りが引き続き上値を抑制。

ユーロ・円は124円16銭まで上昇後、123円86銭まで反落。

  
ポンド・ドルは1.3056ドルから1.2995ドルまで下落。


  ドル・スイスは0.9065フランから0.9080フランまで上昇。ジョルダン・スイス国立銀行(SNB)総裁によるフラン高是正発言でフラン売りが優勢となった。

  
 

 [経済指標]・米9月シカゴ連銀全米活動指数:0.27(予想0.73、8月1.11)・米・9月新築住宅販売件数:95.9万戸(予想:102.5万戸、8月:99.4万戸←101.1万戸)・米・10月ダラス連銀製造業活動指数:19.8(予想:13.5、9月:13.6)《KY》

関連記事

広告

財経アクセスランキング