ユキ トリヰ 2021年春夏コレクション - 春夏の定番モチーフを、楽しくエレガントに再解釈

2020年10月21日 20:26

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 ユキ トリヰ(YUKI TORII)2021年春夏コレクションが発表された。

■春夏を祝す、華やかなコレクション

 春夏の爽やかなシーズンの訪れを祝すように、今季のユキ トリヰは実に華やかなムードに満ちている。カラフルなパレットと共に提案されたのは、ボーダー柄や水玉模様、フローラルといった、春夏の定番ともいえる王道モチーフ。それらを自由なスピリットで再解釈することで、ブランドらしいエレガントなムードを添えながら、フレッシュで若々しいワードローブへと昇華させている。

■リズミカルなストライプ柄

 例えば淡いパープルをベースにしたマルチボーダー柄のトップスには、絶妙に配色の異なる縦縞のスカートをコンビネーション。いずれも単体ではエレガントなピースであるものの、ドッキングさせることで、リズミカルな表情を演出する楽し気なルックとなっている。足元は素足×ヌーディーカラーのパンプスで、程よい抜け感もプラスした。

■鮮やかなフラワープリント

 オレンジ×ブルーの花が咲き誇る、鮮やかなフローラルプリントは、ふわりと広がるドラマティックなドレスになって登場。踝まで覆うロング丈のデザインながらも、素足を覗かせるスリット、背中のカッティングにあしらったレースアップと、フェミニンなディテールでほんのりとセンシュアルなムードをプラスしているのが印象的だ。

■手刺繍入りのTシャツも

 プリントだけでなく、グラデーションカラーの刺繍で花の美しさを表現したTシャツも登場した。シャツをタックインしたカラフルなスカートは、よく目を凝らすと、ひとつひとつが“花びら”にも見える繊細なデザイン。まるでTシャツに咲く花から舞い落ちてしまったかのような、ロマンティックなストーリーを感じさせる。

■柄×柄のジャケットコーデ

 こうした華やかなパレットが溢れる中、シックなパレットで提案されたのが、春夏のジャケットスタイルだ。ボーダー柄×ドット柄という、大胆な組み合わせながらも、淡いグレーを基調にした涼し気な色彩で揃えたことで、“グッドガール”なコーディネートを完成させている。またジャケットのフロントは敢えてラフにあけることで、春夏らしい軽やかなムードもプラスした。

■デニムもフェミニンに再解釈

 カジュアルの代名詞である“デニム”は、透け感のあるフェミニンな素材で再解釈。風にふわりと揺れる、デニム風パッチワークのスカートやジャケットとなって登場する。またTシャツにデニムジャケットを羽織っているかのような、トロンプルイユのトップスも登場。首元には大ぶりのチェーンネックレス“柄”をあしらった、大人の遊び心溢れる一着に仕上げている。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワード2021年春夏コレクション

関連記事

広告