ローブス&コンフェクションズ オム 2021年春夏コレクション、新たなバランスを見つけて

2020年10月21日 20:26

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 ローブス&コンフェクションズ オム(robes&confections HOMME) 2021年春夏コレクションが発表された。

■テーラリング×コンフォートの共存

 ブランドの根幹をなすクラシカルなテーラリングの中に、コンフォートなムードの共存を試みた今シーズン。デザイナーの土屋郷が仕掛けたのは、テーラリングのベースとなる芯・パットを極力“省く”という大胆なアプローチだ。クラシックとモダン、フォーマルとストリート。そんな対極的な要素の間で、新たなバランス感覚を提示するコレクションが展開される。

■多彩な素材を起用

 今季のテーラリングアイテムに使用されたのは、CARLO BARBERA 社による最高峰のウールシルクリネンをはじめ、パウダータッチのキュプラコットン、スペインラムレザー、天竺・ポンチのニット素材…など、実に様々なテキスタイル。いずれも素材ごとに異なるテクニックを駆使したというテーラリングは、その凛とした表情を崩さないまま、どこか心地の良い空気を纏っているのが印象的だ。

■ジャージ素材のセットアップ

 その好例となるのが、大ぶりのボーダー柄が目を惹くジャケット×パンツのセットアップ。実はイージーなジャージ素材で仕上げたこのピースは、テーラリングならではの端正なシルエットを踏襲しながら、緩やかに体に寄添うイージーな質感を活かしたもの。またジャケットの裾はやや長めに設定したことで、テーラリングらしい“キリっ”とした表情を緩和させている。

■ルーズなスタイリング

 またフォーマルな要素を残しながらも、“ルーズ”に着こなしたスタイリングも散見された。ダブルカフスのシャツを敢えて折らず、ラフに纏ったシャツには、端正なタキシードパンツをもとに仕立てた、ワイドパンツをコンビネーション。おまけにワイドパンツのウエストはゴム仕立てとなっているため、纏う者にとっても、着心地の良さを追求した一着に仕上がっている。

■超スリムなスパッツも

 そんなワイドなシルエットが登場する一方で、今季はピケ素材を使用した“超スリム”なスパッツが展開されたことも特徴といえるだろう。スタイリングはロングジャケットを使用した、ロング&リーンなシルエットで提案。スタイリッシュな表情ながらも、春夏らしい軽やかな素材使い、そして足のカジュアルなサンダルが、肩ひじ張らない余裕のある男性像を描き出している。

■クラシカルなワークウェア

 ウィメンズ同様、レーヨンサロペットやオールインワンといったワークウェアも、クラッシックなテーラードカットで確かな気品を宿して。さらりと纏ったスプリングコートは、シャツのパターンメイキングをいかしたことで、春夏らしい軽やかな空気を助長している。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワード2021年春夏コレクション

関連記事

広告