ライフ RSS

 

1日5分でも英語力は身につけられる! 忙しくても続けられる英語学習法

2020年10月14日 11:34

小

中

大

印刷

 今回は仕事や家事、プライベートがどんなに忙しくてもできる英語の学習方法について紹介していきたい。英語学習は1時間など、まとまった時間を確保しなくてもできるし、無理に机に向かう必要もない。そうした事実をぜひ知ってもらえればと思う。

【こちらも】スキマ時間に使える英語学習アプリ3選 TOEICや英検対策におすすめ

■忙しくても5分なら時間をつくれる

 仕事などが忙しいと、まとまった英語学習時間をつくるのは正直難しいだろうが、1日の内で5分だけ時間を確保するのであったらどうだろうか。例えば、通勤電車の中やお昼休み、湯船に浸かっている間など、必ず誰しもがそうした時間を見つけられるはずだ。

 そうした隙間時間に英語学習を入れ込むことで、時間的・精神的負担を減らした英語学習ができるようになる。

■5分でできる英語学習は沢山ある

 5分間といった短い時間でもできる英語学習は様々ある。一例にはなるが、スマホの英語学習アプリを使ったり、YouTubeの英語学習関連動画を見たり、リスニングをしたりと机にわざわざ向かわなくても場所も選ばず、英語は学べる。

 また5分でできる英語学習はインプットに限らず、アウトプットでさえできる。例えば、英会話サービスの「オンライン英会話ネイティブキャンプ」であれば、1回5分の英会話レッスンをスマホで受けることも可能だ。

 このように5分でできる英語学習の内容は様々あるので、自分の伸ばしたい英語能力に対応した英語学習を試してみて欲しい。

■1日の中で複数の5分を組み合わせる

 「1日の中で5分間の英語学習を複数回おこなう」、すなわち「1回5分の英語学習」、これができれば間違いなく英語力は伸ばしていける。朝起きて朝食を準備しながら5分間リスニング、通勤時に英字新聞を5分読む、帰宅時にも5分だけ英単語を覚えてみるなど、いくつもの5分を積み重ねることで30分、1時間といった英語学習も可能になる。

 もちろん5分といった時間にこだわる必要もなく、極論1回1分でもいいし、調子がいい時は1回10分、20分と時間を伸ばしてもいいだろう。とにかく大事なのは、1回あたりの時間にこだわるのではなく、回数を重ねること、毎日継続することだ。

 これまで英語学習に取り組もうとしたけど続かなかった、3日坊主で終わってしまってばかりという人はぜひ、今回この記事で紹介した方法を試してみて欲しい。「1回5分の英語学習」これで将来の選択肢を増やしたり、キャリアを有利に進められたりするのであれば、なかなか美味しい話なのではないだろうか。(記事:佐藤辰則・記事一覧を見る

関連キーワードYouTube英会話

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • フォレスター「SPORTS」(画像: SUBARUの発表資料より)
  • ポルシェ・タイカン(画像: ポルシェAGの発表資料より)
  • インドで発表されたコンパクトSUV日産マグナイト(画像:日産自動車の発表資料より)
  • 木星を周回し火山から噴煙を上げる衛星イオのイメージ (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), I. de Pater et al.; NRAO/AUI NSF, S. Dagnello; NASA/JPL/Space Science Institute
  • おとめ座付近にある多数の恒星によるシェル状構造 (c) レンセラー工科大学
  • クラウドファンディングで販売されているLanmodo NVS Vast Proの利用イメージ画像。(画像: TS TRADE発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース