FAXが多用される芸能界、事務所の送り状や形式がセキュアに

2020年10月7日 08:10

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

河野太郎行革相がファックス廃止について発言されているが、日刊スポーツの記事によれば、芸能界では未だにファックスの利用率が高いそうだ(日刊スポーツ)。

その理由としては、ガセ情報対策としてファックスのを好むのだという。芸能事務所などは、事務所ごとに送り状の形式や書き方にクセがあり、そのクセを見分けることで本物か偽物かを見分けられる。また担当者による直筆でのコメントの筆跡などもセキュリティーとして機能しているとしている。このため、芸能界では正式なものはファクスで送付する習慣が今でも残っているのだそうだ。 

スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | セキュリティ | idle | 娯楽

 関連ストーリー:
新型コロナ管理支援システム「HER-SYS」、誤入力などさまざまな問題を抱える 2020年09月30日
新型コロナウイルス発生届、手書きFAX廃止にはさまざまな壁 2020年06月16日
日本企業はIT技術の導入が遅い? 2015年11月12日
ICANNがフィッシング攻撃を受けてユーザーの個人情報などを漏洩 2014年12月22日
3Dプリンターにも複合機が登場 2014年05月21日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードセキュリティ河野太郎

関連記事

広告