NY外為:ポンド乱高下、英国のEU離脱を巡る通商交渉への思惑

2020年10月2日 01:05

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*01:05JST NY外為:ポンド乱高下、英国のEU離脱を巡る通商交渉への思惑


NY外為市場では引き続きポンドが乱高下している。ポンド・ドルは1.2978ドルまで上昇後、1.2860ドルまで反落。ポンド円は137円01銭まで上昇し9月10日来の高値を更新後、135円84銭まで反落した。ユーロ・ポンドは0.9062ポンドまで下落後、0.9127ポンドまで上昇した。

英国の欧州連合(EU)離脱後の通商交渉を巡る思惑が交錯。合意への期待感に一時ポンド買いが再燃したものの、関係者が交渉の進展を否定したためポンド買いが後退する展開となった。《KY》

関連記事

広告

財経アクセスランキング