マラミュート 2021年春夏コレクション - アンリ・マティスの身振り──過去のモンタージュ

2020年9月30日 17:58

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 マラミュート(malamute)の2021年春夏コレクションが発表された。

■マティス《ブルー・ヌード》に誘われ──

 今季のマラミュートの着想源のひとつは、アンリ・マティス晩年の切り絵作品《ブルー・ヌード》だという。絵具で青く塗った紙を切り、女性のデッサンに沿ってパーツを貼りつけ、それをさらにシルクスクリーンで転写する──過去のアーカイヴを基調に洗練を加える一方で、そのように丁寧で「マティス的」なものづくりが、今季の製作の核にある。

■繊細なホールガーメント

 マティスの制作の身振りを模倣するかのような例が、ホールガーメントシリーズであろう。縫しろがなく繊細に仕上げられたハイゲージニットは、デザインを決めて、プログラミングをし、そして編み上げてゆくという丁寧なプロセスを経て仕上げられる。そうして作られたトップスは、ウエスト部分の編み方を変えることで絞り具合に変化をつけ、身体にそっと寄り添うようなシルエットに仕上げられている。

 また、同じくハイゲージのホールガーメントニットで仕立てられたワンピースなどは、裾にかけて緩やかに広がるボディに細かなダーツ状の構造をリズミカルに配することで、緩やかに波打つ水面のような表情を生み出した。ゆったりとしたシルエットの下には身体のラインを透かして見せ、それは衣服という「外側」から見た〈わたし〉と、身体という「内側」から感じる〈わたし〉の間の差異を露わにしているようでもある。

■〈わたし〉の身体感覚を軸に

 他者の眼、鏡や写真で「外側」から捉えられる身体のイメージと、心地よさや痛みといった「内側」からの身体感覚──今季の製作は、まさしく後者、“身体”の感覚を軸に据える。例えばアーカイヴのスカートには、ストレッチの効いた人工素材を使用。リブのサイドを骨盤のサイズに合わせることで、まずもって身体に心地よさを与え、それでいてふわりと裾にかけてふわりと広がる優美なシルエットを生んでいるのだ。

■ニットが織りなす花々

 ニットの多彩な網目と素材感、波打つように用いられたプリーツを引き立てる無地のテキスタイルが中心である一方、具象性からいちだん飛翔した花々を配したウェアも目を惹く。ふっくらと厚みのあるジャカードのワンピースには、ぽってりとした紫陽花の花を散りばめた。また、ふんわりとしたロングカーディガンやプルオーバーには、油彩画を彷彿とさせる表情でバナナの花をあしらっている。

■青の階調、そしてルージュ──

 《ブルー・ヌード》に誘われたような、濃淡さまざまに階調をなすブルーが目にも心地よい。また、マティスの《レッド・ダンサー》を着想源に、ベージュやブラックもカラーパレットに加えた。そしてキャミソールに使用したレッドカラーは、さながらシックな装いにきりりと引くルージュのように、コレクションに鮮やかなアクセントを添えている──いや、むしろそのルージュは、この〈わたし〉が自分の内側から感じる、力強い意志の表現とでも言うべきなのかもしれない。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードマラミュート(malamute)2021年春夏コレクション

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • インドで発表されたコンパクトSUV日産マグナイト(画像:日産自動車の発表資料より)
  • 木星を周回し火山から噴煙を上げる衛星イオのイメージ (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), I. de Pater et al.; NRAO/AUI NSF, S. Dagnello; NASA/JPL/Space Science Institute
  • おとめ座付近にある多数の恒星によるシェル状構造 (c) レンセラー工科大学
  • クラウドファンディングで販売されているLanmodo NVS Vast Proの利用イメージ画像。(画像: TS TRADE発表資料より)
  • (画像: UNIの発表資料より)
  • ルノー ルーテシア(画像: ルノー・ジャポンの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース