アルファクス・フードSは特許のセミセルフレジが注目され後場ストップ高

2020年9月30日 17:19

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■アークランドサービスHDの「かつや」国内414店などに導入中

 アルファクス・フード・システム(アルファクス・フードS)<3814>(JQS)は9月30日の後場急伸し、ストップ高の748円(100円高)で売買された後そのまま買い気配となっている。

 同日付で、6月に特許を取得した外食産業専用のセミセルフレジ「セルフショット」が、アークランドサービスHD<3085>(東1)のとんかつチェーン「かつや」国内414店、およびからあげ専門店「からやま」への導入が進んでいるとのニュースリリースを発表。注目集中となった。

 発表によると、外食産業用のセルフレジは、ファストフード、ファミリーレストラン、ラーメン店、居酒屋などの業態によって異なる機能が求められ、さらに個々のお店のオペレーションによっても機能が異なってくる。「セルフショット」は、前会計、後会計、券売機会計、セミセルフ会計など8会計の種類を1台の機種で選択できるを開発し、特許を取得した。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【編集長の視点】タカラレーベンは反落も3Q好決算を手掛かりにバリュー株買いの再燃が有望(2020/01/31)
【株式評論家の視点】リックソフトは今2月期第3四半期業績は順調、日柄調整が進むか注目(2020/01/23)
【編集長の視点】CRGHDは2期ぶり最高業績を1Q決算で確認期待を高め3連騰(2020/02/05)
マクアケは20年9月期大幅増収増益予想で1Q順調(2020/02/18)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告

写真で見るニュース

  • ポルシェ・タイカン(画像: ポルシェAGの発表資料より)
  • インドで発表されたコンパクトSUV日産マグナイト(画像:日産自動車の発表資料より)
  • 木星を周回し火山から噴煙を上げる衛星イオのイメージ (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), I. de Pater et al.; NRAO/AUI NSF, S. Dagnello; NASA/JPL/Space Science Institute
  • おとめ座付近にある多数の恒星によるシェル状構造 (c) レンセラー工科大学
  • クラウドファンディングで販売されているLanmodo NVS Vast Proの利用イメージ画像。(画像: TS TRADE発表資料より)
  • (画像: UNIの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース