「WEAR」に新機能、「類似アイテム検索」提供 コーデからの商品検索容易に

2020年9月29日 08:56

小

中

大

印刷

記事提供元:アパレルウェブ

 株式会社ZOZOが運営するファッションコーディネートアプリ 「WEAR」(https://wear.jp/)は、ユーザーが閲覧するコーディネートからファッションアイテムを検出し似ている商品を検索できる新機能「類似アイテム検索」の提供を9月28日(月)より開始した。
 同機能の開発は、ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」や「WEAR」などZOZOグループが運営するサービスの技術開発を担う、株式会社ZOZOテクノロジーズが行った。「類似アイテム検索」では、各コーディネート画像上にある「画像検索アイコン」をタップすると、WEARに投稿されたコーディネート画像に使われているファッションアイテムと似ている商品が簡単に見つかる。「このコーデに使われている洋服が欲しいけど、どう検索したらいいかわからない」「似たような柄や形の商品を一気に見比べたい」など、「気に入ったコーディネートを見つけても、欲しいものを探し出せない」という悩みを解消し、ユーザーが求めているファッションアイテムとの出会いをアシストする。

 同機能は、閲覧中のコーディネート画像に使われているファッションアイテムの形・質感・色・柄などをもとにAIが似ている商品を検出し、一覧で表示するものだ。検出できたカテゴリーから、ユーザーが探したいアイテムを選択することができ、ZOZOTOWNで取り扱う約281万点(※1)の商品の中から、似ている商品を探し出すことが可能。

※1…SKU単位で換算
 
また、コーディネート画像に使われているアイテムと似た商品を検索する際に「男性・女性・キッズ」の中から見たいアイテムを絞ることができるため、コーディネートそのものの性別や年齢に縛られず、欲しい商品を探すことができる。1枚のコーディネート画像から、大人と子供の似ている商品をそれぞれ検索して、親子でお揃いコーデを楽しむなど、様々な方法で活用できる。同機能はスマートフォンブラウザのWEARにて先行リリースをおこなっており、導入前と比べて商品に興味を持つ人や購入する人の割合が約1.5倍(※2)に増加するなど、WEARだけでなくZOZOTOWNの利用拡大にも寄与している。

※2…※2019年11月Web版の先行リリース時、自社にて利用状況を調査
 現在はジャケット、トップス、帽子など9カテゴリーに対応しており、今後も順次拡大予定。また、同機能はZOZOTOWNのスマートフォンブラウザとアプリにも導入されている。
「類似アイテム検索」使用方法


1.WEARアプリでコーディネートを検索

2.気に入ったコーディネートを見つけたらコーディネート画像上の「画像検索アイコン」をタップ

3.気になるアイテムを選択する

4.コーディネート画像に使用されたアイテムと似た商品をAIが検出、一覧で表示

※本機能はiOS/Androidおよびスマートフォンブラウザに対応している。

※この記事はアパレルウェブより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • クラウドファンディングで販売されているLanmodo NVS Vast Proの利用イメージ画像。(画像: TS TRADE発表資料より)
  • (画像: UNIの発表資料より)
  • ルノー ルーテシア(画像: ルノー・ジャポンの発表資料より)
  • エクリプスクロスPHEV(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • スズキ・クロスビー「HYBRID MZ」(画像:スズキの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース