Microsoft、使用するより多くの水を供給する「ウォーターポジティブ」目指す

2020年9月28日 08:47

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

Microsoftは21日、2030年までに同社業務で直接的に消費する水よりも多くの水を供給するウォーターポジティブ化計画を発表した(The Official Microsoft Blogの記事GeekWireの記事Windows Centralの記事Neowinの記事)。

ウォーターポジティブ化計画は業務における水消費量削減と、再生可能な淡水資源の40%以上を消費する「重度の水ストレス」流域で水源への水供給量を増加させるプロジェクトへの投資により実現する。まず、世界各地の同社キャンパスやデータセンターでは水利用の効率化や雨水の活用、汚水処理による再利用、エアコン排水の利用などを進める。また、重度の水ストレス流域のうち、同社の拠点がある約40流域に絞って湿地復元プロジェクトや非透過性舗装除去プロジェクトなどに投資していくとのことだ。 

スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 地球 | ビジネス | マイクロソフト | サイエンス

 関連ストーリー:
LEGO、製品パッケージのプラスチック袋を紙袋に置き換える計画 2020年09月22日
2020年のハリケーン、史上最速で21個の名称を使い切って「Alpha」が発生 2020年09月19日
夏場のアスファルトは、ガソリン車やディーゼル車よりも大気を汚染している 2020年09月10日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードMicrosoftWindows

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • クラウドファンディングで販売されているLanmodo NVS Vast Proの利用イメージ画像。(画像: TS TRADE発表資料より)
  • (画像: UNIの発表資料より)
  • ルノー ルーテシア(画像: ルノー・ジャポンの発表資料より)
  • エクリプスクロスPHEV(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • スズキ・クロスビー「HYBRID MZ」(画像:スズキの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース