米追加財政支援策とドル相場

2020年9月24日 10:49

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*10:49JST 米追加財政支援策とドル相場
 23日のニューヨーク市場では、米国株安や世界経済の先行き不安を警戒して、安全逃避的なドル買いが観測された。米長期債利回りは一時上昇したが、株安を意識して利回りは上げ渋った。米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長はこの日の議会証言で、「議会とFRBは景気回復の強化に取り組んでおり、現状政策を維持する必要がある」との見方を伝えたが、追加の財政支援が必要との見方も示したことが債券利回りの上昇につながったとみられる。
 FRBは追加の財政支援策を引き続き求めているものの、財政支援策が短期間で成立する見込みは薄いことから、市場関係者の間からは、「金融市場の不確実性はさらに高まり、米国株式の軟調地合いは継続する可能性がある」との声が聞かれている。為替については、主要通貨に対するドル買いが続くとの見方は多いものの、米国の経済見通しは不透明であり、ドル上昇の余地は大きくないとの声も一部で聞かれている。《MK》

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • クラウドファンディングで販売されているLanmodo NVS Vast Proの利用イメージ画像。(画像: TS TRADE発表資料より)
  • (画像: UNIの発表資料より)
  • ルノー ルーテシア(画像: ルノー・ジャポンの発表資料より)
  • エクリプスクロスPHEV(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • スズキ・クロスビー「HYBRID MZ」(画像:スズキの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース