国際 RSS

 

米国、18歳から29歳の半数が実家で生活 新型コロナの影響

2020年9月24日 08:39

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

米ピューリサーチセンターが定期的に行っている両親と暮らす若者の割合の推移」の調査によると、新型コロナウイルス(COVID-19)の大流行以降、米国では18歳から29歳の若者が親と一緒に暮らすことが増えているという(ピューリサーチセンターピューリサーチセンターその2 GIGAZINE)。

2019年の1~7月の間は46%から47%の範囲であったのに対して、2020年は3月以降は徐々に上昇。4月には過半数である51%を突破し、7月までは52%という高い数字のまま推移している。これは人種や民族、男性・女性、および大都市および地方の住民関係なく全体的に増加しているようだ。こうした若者は人数で言うと260万人に及ぶとされる。このデータは2月以降に起きた雇用の損失と一致しているという。

同様の傾向が出た過去の例としては、1930年ころから発生した世界恐慌の終盤の1940年頃のデータが当てはまるようだ。世界恐慌ピーク時はデータが取られていなかったという。同研究所によれば、米国ではおよそ5人に1人の成人(22%)が、パンデミックのために居住地を変更したとされる。

 スラドのコメントを読む | 医療 | アメリカ合衆国

 関連ストーリー:
元警察官ストーカー男が日本郵政の転居サービス「e転居」を悪用。逮捕される 2020年07月21日
Wi-Fiを付けてくれないので殺そうと思った。北海道で殺害未遂事件 2020年06月19日
「実家暮し独身」の数はここ30年で3倍超に増えている 2018年05月07日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードアメリカ新型コロナウイルス

関連記事