アイナボホールディングス 中央窯業を子会社化、タイル工事の施工力向上を目指す

2020年9月18日 17:00

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*17:00JST アイナボホールディングス---中央窯業を子会社化、タイル工事の施工力向上を目指す
アイナボホールディングス<7539>は17日、中央窯業の全株式を取得し、子会社化することを発表。取得株式数は、12,500株。株式譲渡実行日は、2020年10月1日の予定。

中央窯業は、関東を中心にタイル工事事業を行う企業。資本金は0.10億円。2019年12月期の売上高は4.49億円、営業利益は0.24億円、経常利益は0.26億円である。

アイナボホールディングスは、同株式取得により、技術力のある職人の確保・タイル工事の施工力向上を実現し、優れた技術を提供する工事会社としてさらなる基盤拡大を目指す。《ST》

関連記事

広告

写真で見るニュース

  • ポルシェ・タイカン(画像: ポルシェAGの発表資料より)
  • インドで発表されたコンパクトSUV日産マグナイト(画像:日産自動車の発表資料より)
  • 木星を周回し火山から噴煙を上げる衛星イオのイメージ (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), I. de Pater et al.; NRAO/AUI NSF, S. Dagnello; NASA/JPL/Space Science Institute
  • おとめ座付近にある多数の恒星によるシェル状構造 (c) レンセラー工科大学
  • クラウドファンディングで販売されているLanmodo NVS Vast Proの利用イメージ画像。(画像: TS TRADE発表資料より)
  • (画像: UNIの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース