HANATOUR 4日ぶり大幅反発、「感染症危険情報のレベル引き下げ視野」の外相発言を材料視/新興市場スナップショット

2020年9月17日 13:21

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*13:21JST <6561> HANATOUR 743 +39
4日ぶり大幅反発。茂木敏充外相が新型コロナウイルスを受けて発出している感染症危険情報について「レベルの引き下げを視野に入れ、国際的な人の往来の再開に向けた取り組みを進めていく」と会見で発言し、材料視されている。現在、外務省は159カ国・地域にレベル3「渡航中止勧告」を出しており、レベルの引き下げによる旅行需要回復の期待感から買いが入っているもよう。《US》

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
  • (画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 音声解析AI電話「MiiTel(ミーテル)」の自動文字起こしイメージ。(画像: レブコムの発表資料より)
  • ウシオ電機が開発した紫外線装置「Care222」(画像: ウシオ電機の発表資料より)
  • 新型「LS」(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース