千趣会は買い気配のままストップ高続く、JR東日本との資本業務提携を好感

2020年9月17日 12:46

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■「ベルメゾン」のJR駅ビル・エキナカへの出店など推進

 千趣会<8165>(東1)は9月17日の前場、買い気配のままストップ高の474円(80円高)に貼りついて推移し、値がつかなかった。16日の夕方、JR東日本(東日本旅客鉄道)<9020>(東1)とともに資本業務提携を発表。期待高揚の材料となった。

 JR東日本は、千趣会が実施する第三者割当による自己株式処分571万4200株(発行済株式総数の10.98%、議決権比率12.46%)を、1株当たり取得価額350円、取得価額約20億円で引き受ける。

 また、千住会のベルメゾンのJRE MALLへの出店、駅ビル・エキナカへのベルメゾン出店、ポイントプログラムの連携、ベルメゾン(公式サイト)におけるビューカード決済特典の開始、などの取り組みを行う。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【編集長の視点】タカラレーベンは反落も3Q好決算を手掛かりにバリュー株買いの再燃が有望(2020/01/31)
【株式評論家の視点】リックソフトは今2月期第3四半期業績は順調、日柄調整が進むか注目(2020/01/23)
【編集長の視点】CRGHDは2期ぶり最高業績を1Q決算で確認期待を高め3連騰(2020/02/05)
マクアケは20年9月期大幅増収増益予想で1Q順調(2020/02/18)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
  • (画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 音声解析AI電話「MiiTel(ミーテル)」の自動文字起こしイメージ。(画像: レブコムの発表資料より)
  • ウシオ電機が開発した紫外線装置「Care222」(画像: ウシオ電機の発表資料より)
  • 新型「LS」(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース