わいせつで処分の教員履歴「過去40年閲覧」へ

2020年9月17日 07:29

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 児童生徒へのわいせつ行為を行うなどした教職員に対する対応を厳正にするため、萩生田光一文部科学大臣は15日の記者会見で、懲戒処分などを受けた教職員の履歴を教育委員会が「過去40年分」閲覧できるようにする、と発表した。

 萩生田大臣は「児童生徒を守り育てる立場の教師がわいせつ行為を行うなどということは断じて、あってはならない」と述べ「文科省では現在、教員免許証などの法改正を検討しているが、法改正以外でも実効性のある対応が必要だ」と閲覧期間を現行の「直近3年」から大幅延長する狙いを語った。

 教員採用権者が官報に告示された教員免許状執行情報を検索できる官報情報検索ツールで検索できる情報期間を「直近40年間」にすることで「より慎重な採用が可能になる」(萩生田大臣)と意義を述べた。

 当面、11月から「直近5年間分」、来年2月中には「直近40年分」が検索できるように作業を進めている、とした。

 萩生田大臣は「児童生徒にわいせつ行為を行った教職員を原則懲戒免職とすることについても運用の徹底を図るとともに告発を遺漏なく行うことを教育委員会に求めていく、と処分・対応の徹底を求めていく姿勢を示した。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
わいせつ教員に免許再交付しないでと5万人署名
性交同意年齢を13歳未満から16歳未満へ提言
警察官・警察職員の懲戒処分理由 最多は「異性関係」

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連記事

広告

写真で見るニュース

  • スイフトスポーツ(画像: スズキの発表資料より)
  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
  • (画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 音声解析AI電話「MiiTel(ミーテル)」の自動文字起こしイメージ。(画像: レブコムの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース