NY外為:ドル軟調、FOMC結果発表やパウエルFRB議長会見控え

2020年9月17日 02:29

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*02:29JST NY外為:ドル軟調、FOMC結果発表やパウエルFRB議長会見控え

NY外為市場では連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表やパウエル議長会見を控え、FRBがハト派姿勢を再表明するとの見方からドルは軟調に推移している。
ドル・円は下げ止まったものの戻りも鈍く104円台後半でのもみ合いが続いた。
ユーロ・ドルは1.1830-40ドルで推移。ポンド・ドルは1.2961ドルから1.3007ドルまで上昇し10日来の高値を更新した。ドル・スイスは0.9056フランから0.9094フランまで上昇後、0.9080フランまで反落した。《KY》

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • スイフトスポーツ(画像: スズキの発表資料より)
  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
  • (画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 音声解析AI電話「MiiTel(ミーテル)」の自動文字起こしイメージ。(画像: レブコムの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース